教えて手湿疹!

手湿疹をハンドクリームで治す方法

手湿疹は、色々な原因によって起きる手指の湿疹のことです。
主婦に多いので「主婦湿疹」と呼ばれますが、
美容師や看護師、飲食業の人に多い職業病としても知られています。
手湿疹になると、悪化することが多く、
特にアトピー体質の人は、指の指紋が消えてしまうほど悪化することがあります。
一度手指に湿疹ができると、感知が難しく、
一時的に症状が緩和したと思っても、ちょっとした刺激で再び悪化への経過を辿ることがあります。
手湿疹が起きやすい手指は、刺激を避け、常に保護するように努めることが大切です。

 

手湿疹ができてしまったら、刺激となるシャンプーや洗剤などは素手でなるべく触らないように気をつけます。
野菜などでアレルギーが出る人は、野菜にも気をつけ、
紙やお湯などによる刺激にも気をつけます。
普段から、綿の手袋をして手指を保護するとよいですね。
水仕事をするときには、綿の手袋をしてからゴム手袋などをすると安心です。
また、綿の手袋が汚れていると、それが刺激になりますので
いつも清潔なものを使用すように気をつけてください。

 

ハンドケアは、手湿疹を予防するために、或いは手湿疹を治すために欠かすことができません。
手湿疹は、乾燥によって皮膚のバリア機能が低下することによって起きます。
ですから、綿手袋で手指を保護することと、
同時にハンドクリームなどの保湿剤を使い、常に肌を保湿することが大切です。
手指が乾燥し、肌のバリア機能が低下すると、
ちょっとした刺激でも痒みが出たり、赤く腫れたりします。
ハンドクリームを塗って保湿し、その上から綿手袋で保護すると、
保湿効果も高まりますし、刺激からも守られます。

 

ハンドケアは、家事や仕事を終えたあと、入浴後、寝る前などにおこないます。
ハンドクリームをタップリ塗って、綿の手袋で保護してください。

 

さて、ハンドケアに使うハンドクリームには、色々なものが市販されています。
肌質によって、合うものと合わないものがあります。
肌に合わないものを使うと、それが刺激となって手湿疹を起こします。
自分の肌に合う、負担のない物を選びましょう。
ハンドクリームに含まれている成分としては、
白色ワセリン、尿素、ヘパリン類似物質やビタミンA・E、グリセリンなどがあります。
うるおい成分だけでなく、炎症や痒みを抑え、血行を促進させる効果のあるビタミンEを配合しているものが多いですね。