教えて手湿疹!

日光アレルギーと手湿疹

「日光アレルギー」を知っていますか?
日光アレルギーは、日光や紫外線を浴びることによって肌に炎症が起きるアレルギーのことです。
運動会や遠足、バザーなどの行事で、長い時間紫外線に当たったりするきに起こる事があるもので、
日光アレルギーになると肌に湿疹ができたり、真っ赤に腫れたり、痒みを感じたりします。

 

日光アレルギーは、普段、少々の紫外線を浴びても何ともないという人にも、
突然起こることがあります。
健康な人が通常浴びても問題のないレベルの紫外線量で、
このような肌の異常が起きることから「日光アレルギー」と呼ばれていますが、
日光アレルギーの人だけでなく、
いつもは大丈夫でも疲労がたまっていたり、風邪などを引いた後で免疫が落ちているときになったりします。
「日光アレルギー」というのは、あまり知られていないので、
突然か痒みや湿疹が出て、びっくりして病院へ行くと、
「長い時間紫外線にあたったりしませんでしたか?」などと聞かれたりします。
まさか湿疹や痒みが日光の紫外線によるものだとは思っていなくて、驚くこともありますね。

 

また、痒みや湿疹が何か他のものが原因になっているのだろうと、
特に病院へ行くことなどはせず、放置している場合もあります。
ですが、紫外線を浴びるたびに痒みや湿疹の症状が出るのであれば、
光アレルギーを疑って、一度専門の先生(皮膚科医)に診断してもらうと良いですね。
そして、なるべく紫外線が肌に当たらないように気をつけることが必要です。