教えて手湿疹!

手のひらの湿疹

手のひらや手の甲など「手」のみに起こる湿疹を「手湿疹」と言います。
この手湿疹は、外部殻の刺激、たとえば、洗剤やシャンプーなど、または紙やタオルなどの刺激によって
皮膚炎を起こしたり、アレルギー反応が出て炎症を起こしたりするものです。
手湿疹は、水仕事をする機会が多い主婦に多く見られ、
単なる手荒れとはことなり、一度発症すると、治癒までに長期間を要する厄介な皮膚疾患です。
主に、空気が乾燥し、手や指も乾燥してしまいがちな冬場に起こりますが、
なかなか治らないため、一年中、季節を問わず、酷い痒みや、炎症による腫れや痛みに悩まされます。

 

手荒れは、秋から冬など、お湯を使って水仕事をする時期や、
もともと空気が乾燥し、手指の乾燥も起こりがちな季節に多いものですが、
乾燥した手指に洗剤や空気が触れることによって引き起こされます。
ハンドクリームなどを使ってしっかり手荒れのケアを行うと治りますが、
水疱ができ、その水疱が破れるなど重症化してしまうと、なかなか治らなくなります。

 

手のひらにできる手湿疹は主婦に限らず、
美容師や調理師など、水に触れることの多い職業の人にも起きるので、
一種の職業病とも言われます。
主婦は、洗濯や食器洗い用の洗剤が刺激となってひどい手湿疹を招きますが、
調理師や美容師も常に手が水にぬれていたり、染剤やシャンプーなどの刺激物に手がさらされることなどによって
手湿疹が招かれます。

 

また、紙やゴム製品などに触れると、
もともと皮脂が少ない手や指からさらに皮脂が奪われ、
肌が乾燥し、手荒れがおきやすいともいわれています。

 

さらに、もともとアレルギー体質で、アトピー性皮膚炎を患っている人は、
肌が乾燥しやすいので手湿疹になりやすい傾向にあります。

 

このように、手湿疹は、肌が乾燥することによって起きます。
なぜ肌が乾燥すると手湿疹が起きるのかとうと、
肌は、水分や油分で健康な状態に守られているのですが、
乾燥や洗剤によって肌のバリア機能に必要な水分や油分が失われてしまうからです。
水分が少なくなり、皮脂も少なくなった乾燥した肌は、
ちょっとした外部刺激にも敏感に反応し、手荒れを招きます。

 

手湿疹になると、強烈な痒みに襲われます。
寝ているときにも痒みは襲うので、無意識にかきむしってしまい、
水疱をつぶしてしまい、手がジュクジュクになってしまうこともあります。
こうなると痛みも伴いますし、ジュクジュクした部分が乾燥し、
肌がボロボロと破壊されます。
その部分はされに刺激に弱くなりますから、再びちょっとした刺激で湿疹ができ、
水疱ができ、破れて崩れるという悪循環を繰り返すのです。

 

手湿疹は、一度掻いてしまうとどんどん症状が悪化します。
手が乾燥するとかゆみが一層激しくなりますし、体が温まることによっても痒くなります。

 

痒みを伴う手湿疹は、自力で治すことは難しくなります。
ひどくなる前に、皮膚科を受診することが必要で、有効な薬を処方してもらうことが必要です。