教えて手湿疹!

教えて手湿疹!

手湿疹は、「主婦湿疹」とも呼ばれます。
洗剤などが刺激になって手や指にアレルギーを起こし、
ひどく痒み、かぶれたようになります。
洗剤やシャンプー、摩擦などによって皮膚が刺激され、
皮膚が乾燥し、バリア機能が壊されます。
すると、手指がはれ上がったように赤くなり、
熱を帯びて痒みが出ます。
かいてしまうと滲出液が出てたり、出血したりし、
ひび割れてあかぎれになることもあります。

 

手湿疹は、水仕事をする女性、つまり主婦に多いので、「主婦湿疹」と呼ばれます。
また、飲食業や医療従事者、美容師などの職業の人にも起こることが多いので、
一種の職業病であるともいえるでしょう。

 

手湿疹を防ぐためには、肌の保湿をすることが第一です。
乾燥してカサカサしている手指にハンドクリームなどを塗って保湿をすることで
肌の保湿が保たれ、肌のバリア機能が正常に働くようになるので手湿疹を予防することができます。

 

ですが、手湿疹を予防するためには、
洗剤などの肌を刺激するような物質を使わない、
或いは手袋などを利用して手につけないということが大切です。

 

また、保湿をしっかりして手湿疹を予防しても、
手湿疹になってしまった場合、
たとえば、赤く腫れ上がったり、かゆみが出たり、
水泡を伴うような湿疹ができてしまった場合などは、
治癒までに時間がかかります。
そして、症状が改善したと思っても、
またすぐにひどくなってしまったりする事もあります。

 

手湿疹は完治することがないと言っても過言ではありません。
体質的なものが影響する部分も多いです。
ですが、手湿疹になる原因をなるべく近づけないようにして
保湿をし、手のバリア機能を維持することで手湿疹を抑えることが出来ます。

 

手湿疹になり、色々な治療をすると、一時的に症状は改善します。
ですが、また、ちょっとした刺激で再発してしまうことが多いので、
油断をしないようにケアをすることが大切です。

 

アレルギー体質の人や、生活習慣が乱れている人も注意が必要です。
特に、アトピー体質の人は、手湿疹にもなりやすいですし、
重症化もしやすいので注意が必要です。
手湿疹は重症化すると、指紋がなくなってしまったりしますね。
それほどひどい手湿疹になると、日常生にも支障をきたします。
アトピー体質の人は特に、皮膚のバリア機能弱いので、
保湿を万全にし、刺激から手を守るようにしないといけないですね。